WEB予約はこちら

内視鏡の診療

Medical

内視鏡の診療|宇治市にある内科・消化器内科 - はせがわ内科・内視鏡クリニック

こんな症状はございますか?

  • 便に血が混じる
  • 便が黒い
  • 腹痛
  • 腹部膨満感
  • 胃もたれ
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 胸やけ
  • 胸の痛み
  • 胸に物がこみ上げてくる
  • 胃酸が上がってくる
  • 食べ物がつかえる
  • 背部痛
  • 心窩部痛
  • 心窩部灼熱感
  • しぶり腹
  • 便秘
  • 下痢
  • 粘液便
  • 食欲不振
  • 貧血

このような症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

主な対象疾患

主な対象疾患

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 胃ポリープ
  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 食道がん
  • 逆流性食道炎
  • 食道静脈瘤
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)

内視鏡について

内視鏡について

「苦痛のない」「安全な」内視鏡検査を心がけています。
当院では胃カメラ検査・大腸カメラ検査・日帰り大腸ポリープ切除をおこなっております。

胃カメラについて

当院の胃カメラは、口や鼻から細いスコープを挿入しておこないます。胃カメラの苦痛は、挿入時生じるオエッとなる咽頭反射です。安全で的確な麻酔や鎮静剤を使用することにより、楽に検査をすることが可能です。

大腸カメラについて

大腸の内視鏡に関しては、最新の拡大内視鏡システムを使った診断と治療をいたします。
特に大腸ポリープに関しては、できるかぎりその場で内視鏡的に切除いたします。

設備について

LED搭載内視鏡システム「ELUXEO」上段:プロセッサー、下段:光源装置

内視鏡は胃や大腸の粘膜を直接観察できるため、病気の早期発見、早期治療にたいへん有用な医療機器です。胃がんや大腸がんは早期発見、早期治療をすれば、ほぼ完治する病気になってきました。
内視鏡検査は苦しい、しんどいという認識がありますが、医療機器の進歩と医師の技術向上で、患者さまの苦痛もかなり軽減されています。

内視鏡機器

当院ではLED光源を搭載した最新鋭の内視鏡システム、ELUXEO-7000(エルクセオ)(富士フイルム)を導入しております。LED照明の発光強度比を高精度に制御して、白色光と短波長狭帯域光を生成し、画像処理を組み合わせることで、目的に応じた画像を作り出す技術「マルチライトテクノロジー」を採用しており、粘膜表層の微細な血管や粘膜の微細な構造などを強調して表示する機能「BLI(Blue Laser Imaging)」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI(Linked Color Imaging)」により早期がんなど微小な病変の観察をより正確にできます。またFull HDや高出力4LEDなどにより、精度の高い内視鏡検査をおこなっています。

当院の環境について

1.内視鏡をリラックスして受けていただける環境

当院では内視鏡検査を快適に受けていただくため、検査室・処置室・リカバリー室などの各スペースにこだわりをもって設計しています。

2.プライバシーを守る、独立した内視鏡検査室

当院では、内視鏡検査専用の部屋を設けております。他のスペースから独立した空間で検査をおこなうことで検査を受ける方のプライバシーを守り、安心して検査を受けていただくことができます。

3.ゆったりとした環境で事前準備を受けられる個室の完備

大腸カメラ検査を受けられる方で当日の下剤服用を院内で希望の方はこちらの個室で下剤の服用が可能です。個別に独立したスペースのため、ゆったりと安心しておくつろぎいただけます。また、近くにはスタッフが常駐しておりますので、素早いサポートをご提供できます。

4.充実したフォローアップを受けられるリカバリー室

内視鏡検査後は、完全に目が覚めて回復されるまでこちらのリカバリー室にて十分なフォローアップを受けていただけます。また、リカバリー室周辺にはスタッフが常駐しておりますので、安心してサポートを受けていただけます。

よくある質問

内視鏡検査を受ける前に、服用薬で止めなくてはいけないものはありますか?
血液をサラサラにする薬(抗血小板薬、抗凝固薬)を内服している場合、検査前に一定の期間止める必要のある場合があります。内服薬の種類により中止の日数が異なります。中止の判断も含めて事前にご相談ください。