WEB予約はこちら

胃カメラ検査

Medical

胃カメラ検査|宇治市にある内科・消化器内科 - はせがわ内科・内視鏡クリニック

胃カメラとは

胃カメラとは

正式名称は「上部消化管内視鏡検査」であり、一般的には胃カメラとよばれています。
口や鼻からスコープを挿入し、喉~食道~胃~十二指腸までを直接観察する検査です。
以前に比べて検査にかかる時間は短くなっており、内視鏡に精通した医師であれば5分ほどの検査時間です。

当院では従来の経口内視鏡のほかに経鼻内視鏡も選択いただけます。経鼻内視鏡は経口内視鏡とちがい、嘔吐反射を起こしにくく、楽に検査を受けることができます。
また少量の鎮静剤を使用し、眠った状態で検査をおこなうことで、より苦痛なく検査を受けていただくことも可能です。

胃カメラからわかる疾患

  • 急性胃炎・慢性胃炎(ヘリコバクターピロリ菌感染症)
  • 胃ポリープ・胃潰瘍・十二指腸胃潰瘍
  • 逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニア
  • 食道がん・胃がん・十二指腸がん

検査のタイミング

検査のタイミング

胃カメラ検査をおすすめするのは、以下のような場合です。

  1. 胃痛、胃部不快感、胸やけ、つかえ感、げっぷなどの症状がある
  2. 食欲不振や体重減少がある
  3. 黒い便が出る
  4. ドックや検診で精密検査が必要だといわれた
  5. ピロリ菌検査で陽性だといわれた
  6. 胃カメラの経過観察が必要と言われたまま放置している

ちょっとした症状から早期胃がんなどの重要な病気がみつかることもあります。
胃がんの血縁者がいる方、40歳を過ぎて一度も胃カメラを受けたことがない方は特に症状がなくても一度検査をお勧めします。

当院の胃カメラの特徴

1.鎮静剤を使用した苦痛の少ない検査

当院の胃カメラの特徴

希望される方には、鎮静剤を使用して苦痛を軽減させることが可能です。
鎮静剤を使うことで半分眠ったような状態で検査を受けることができ、検査時の苦痛をほとんど感じない状態にすることが可能です。
当然ながら鎮静中は患者さまの全身状態をモニタしながら厳重に管理しておりますので安心して検査を受けられます。

2.最新の内視鏡システムを使用

富士フィルム社製のLED光源搭載の新内視鏡システム「ELUXEO(エルクセオ)」を導入しています。この機器の導入により粘膜表層の微細血管などを強調したより進化した画像観察が可能となり、炎症や早期がんの微細な病変の診断に非常に有用です。

3.経験豊富な医師による胃カメラ検査

日本消化器内視鏡学会専門医、指導医である院長が検査を担当します。
内視鏡が苦手な方、はじめてという方も安心、安全に検査を受けていただけます。

4.土曜日や当日の内視鏡検査を実施

平日の仕事が忙しく、時間の取れない患者さまのために土曜日にも検査をおこなっています。
また緊急の検査を要する場合、どうしても日程の都合がつかない患者さまにつきましてはできる限り当日に胃カメラを受けていただけるようにいたします。その場合は原則、朝食を摂取しておられないことが条件となります。

検査の流れ

検査前日

検査前日の夕食は午後9時頃までに、いつもより少なめにとってください。
水やお茶も飲んでいただいて構いません。内服薬については服用していただいて結構ですが、医師から別途指示があった場合はそれに従ってください。

検査当日

当日の朝は何も食べないようにしてください。水やお茶はコップ1杯程度可能です。
普段飲んでいる薬に関しては基本通常通り服用してください。
ただし糖尿病薬や血液をサラサラにする薬など服用中の方は必ず問い合わせいただき、事前の指示に従ってください。

1

胃の中をきれいにする薬を飲んでいただきます。

2

体を締め付けるものは、できるだけ外してリラックスしてください。上着は脱ぎ、メガネや入れ歯を外し、ベルトはゆるめます。女性の方は口紅をふき取ってお待ちください。

3

咽喉の奥に麻酔をします(鼻からの場合は鼻腔を麻酔します)。
鎮静希望の方には検査を楽に受けていただくための鎮静剤を注射します。

4

内視鏡検査は通常5分程度で終わります。必要に応じ、胃の粘膜の一部を採取し、組織検査をする場合もあります。この時は多少時間がかかります。

5

検査が終わった後は、鎮静剤使用の患者さまは薬の影響で眠気、ふらつきなどが現れる場合があるので、別室にて30 分から 1 時間程度お休みいただきます。また検査当日は車の運転はできません。鎮静剤を使用されない方はそのまま帰宅可能です。

結果

結果は、基本的にその場でわかります。ただ、組織検査をおこなった場合などは、結果がでるまで2週間程度かかる場合があります。

検査費用

初再診料(前処置薬剤等) 約400円~2,500円
胃内視鏡(検査のみ) 約3,500 円
ピロリ菌検査(追加費用) 約1,600円
病理細胞検査(追加費用、個数・部位によって異なります) 約4,000円~7,500円

合計約 4,000円~15,000円

  • 税込価格となります。
  • 1割負担の方は上記の3分の1程度とお考えください。

よくある質問

以前の胃カメラ検査がとても大変でした。苦しくない検査ができますか?
鎮静剤を使用することでほとんど苦痛なく検査を行うことが可能です。場合によっては負担の少ない経鼻内視鏡を使用することでさらに苦痛を軽減できますのでお気軽にご相談ください。
経口内視鏡(口からのカメラ)と経鼻内視鏡(鼻からのカメラ)はどちらがよいですか?
経口内視鏡検査は、適量の鎮静剤を使用する場合、かなり楽にできます。うとうとしている間に検査が終わっているという感じです。ただし鎮静剤を使用するので検査後休んでいただく時間が必要になります(30分-60分)。また車などの運転は当日できません。経鼻内視鏡検査は鼻腔に局所麻酔をし、極細径のスコープで鼻から挿入していきます。えずく舌根部分にスコープが当たらないためえずきがかなり軽減されます。基本的に鎮静剤を使用しないことが多いので休んでいただく時間が必要なく、検査後に仕事のある方や車の運転をしなければならないといった方には都合の良い検査です。ただし検査中に意識があるので、多少我慢が必要になります。どちらの方法でも丁寧にやさしい検査を心がけていますのでまずはご相談ください。
胃カメラ検査後はどれくらいで食事できますか?
喉の麻酔が切れるまで1時間程度かかります。喉の違和感がなくなったら、ごく少量の水を服用してむせないことを確認して食事を摂取することができます。